GTASA COLLECTORS MOD

総入れ替えなんとかなりそうです

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

Lancia Delta Integrale

今回紹介するMODはLancia Delta Integrale EVO-2 です。
enb-2014_09_22-19_16_17_39.jpg
enb-2014_09_22-19_16_41_03.jpg
enb-2014_09_22-19_16_49_53.jpg
enb-2014_09_22-19_16_58_56.jpg
ボンネット、トランクは開きません
内装です。
enb-2014_09_22-19_17_56_74.jpg
enb-2014_09_22-19_17_57_77.jpg
enb-2014_09_22-19_18_01_57.jpg
enb-2014_09_22-19_18_05_06.jpg
後部座席です。
enb-2014_09_22-19_18_08_91.jpg
enb-2014_09_22-19_18_13_08.jpg
最後に。
enb-2014_09_22-20_00_39_40.jpg
enb-2014_09_22-20_01_34_15.jpg
enb-2014_09_22-20_02_34_44.jpg
enb-2014_09_22-20_05_10_75.jpg

Author: mialt18

DL
http://www.gtainside.com/en/download.php?do=detail&cat=228&start=0&id=54312&orderBy=

ランチアは、フィアットに吸収される前1972年までフルヴィアを、フィアット吸収後の1972年~1980年にはベータという車種を製造しており、1979年発表のデルタもその流れを汲んだものである。先代のベータがセダン、クーペ、ステーションワゴンからオープンカー、ミッドシップまで豊富なボディバリエーションを持っていたのに対して、デルタは5ドアハッチバックのみであった。
当時の欧州では、1975年に発表されたフォルクスワーゲン・ゴルフが非常に大きな人気を博しており、2ボックス車に勢いがあった。デルタは、フィアットから先に発表されたリトモに引き続き、この流れに乗るべく投入された。スタイリングは、ゴルフを手がけたジョルジェット・ジウジアーロ率いるイタルデザインが担当し、大衆車然としたゴルフに対し、人工皮革のアルカンターラを多用した上品な内装によって「小さな高級車」を目指している。
ボディサイズは、全長3,885mm×全幅1,620mm×全高1,380mm、ホイールベースは2,475mm。普及モデルのヘッドランプは写真のとおり角形2灯であるが、グループAのホモロゲーションモデルとなったHF 4WD以降の高性能モデルは丸形4灯となり、徹底して冷却を意識したフロントグリル、空力を意識したスポイラーなども特徴的であった。
DSC_0365.jpg
駆動方式は前輪を駆動。エンジンは全て横置き直列4気筒で、SOHCの1.3L、1.5L、DOHCの1.6L、1.6Lターボのガソリンエンジンと、1.9Lターボのディーゼルエンジンが設定された。特別なモデルとして、DOHCの2.0LターボでガソリンエンジンのHF 4WD、HF インテグラーレと呼ばれるフルタイム4WDモデルも設定されている。このDOHCエンジンは、アウレリオ・ランプレディの設計でフィアットが多用したタイミングベルト駆動のツインカムユニット、通称「ランプレディ・ユニット」が採用されている。1980年にヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを獲得している。1993年に発表された2世代目のデルタ(通称デルタII)が後継車種となる。
DSC_0395.jpg

画像は2014年の全日本ラリーモントレー群馬で見かけたもの・・・が流石にエボはいませんでした^^;
スポンサーサイト

 

Lancia Delta S4 Stradale

今回紹介するMODはLancia Delta S4 Stradaleです。
WS000077_20130205233106.jpg
WS000085_20130205233105.jpg
WS000094_20130205233105.jpg
WS000100_20130205233105.jpg
エンジンです。
WS000113_20130205233104.jpg
ボンネットです。
WS000106_20130205233105.jpg
内装です。 良く出来ています。
WS000120_20130205233428.jpg
WS000129_20130205233428.jpg
WS000139_20130205233428.jpg
WS000141_20130205233428.jpg
WS000150_20130205233427.jpg
最後に。
WS000179_20130205234008.jpg
WS000019_20130205234009.jpg
WS000186_20130205234008.jpg
WS000153_20130205234009.jpg


DL
http://www.gtainside.com/en/download.php?do=getfile&id=48132&t=1


Improved Vehicle Lights Mod対応MOD。


ラリータイプはこちら。
http://bx360.blog.fc2.com/blog-entry-27.html


汚れの消し方はこちら。
http://bx360.blog.fc2.com/blog-entry-360.html


Lancia Delta S4 Stradale。
ランチア・デルタS4 (Lancia Delta S4)は、イタリアの自動車会社ランチアが世界ラリー選手権(WRC)に参戦するために製造された車である。
img_48061.jpg
型式名はZLA038ARO。 デルタの名を持つが、シャーシは量販車のデルタと異なる専用設計である。また型式名にランチアの800番台、フィアットの100番台でもないアバルトの開発コードSE038をそのまま使っていることも、ラリー専用車両であることを表している。
エンジンは、フィアット製1,759ccの直列4気筒DOHCツインチャージドエンジン。これをリアミッドシップに縦置きした。過給機はターボチャージャーに加え低回転域ではスーパーチャージャーを使うツインチャージャーを採用している。このエンジンは最高出力456ps/8,000rpm、最大トルク46kgf·m/5,000rpmを発生し、1986年最終戦アクロポリスラリーでは600psを超えていた。パワーウエイトレシオは2kg/psを切り、そのパワーで890kgの軽量な車体を加速させた。ただしこの過剰なパワーがピーキーな挙動を生み、乗り手を選ぶ車ともなった。
駆動方式は、1985年当時では最新と言える、ビスカスカップリングによるフルタイム4WDを採用している。また初期のエボリューションモデルには、デフロックのためのレバーがある。しかし、グループB車両に対しての出力規制が甘かったため生まれたこのハイパワーモデルは、結果的に扱いの難しさからドライバーやコドライバーだけでなく、観客をも巻き込んだ死亡事故を誘発させた側面も持つ。
img_4797.jpg

 

Lancia Fulvia Rally

今回紹介するMODはLancia Fulvia Rallyです。

Lancia
WS000140_20121118211149.jpg
WS000145_20121118211148.jpg
WS000150_20121118211148.jpg
WS000155_20121118211147.jpg
エンジンです。
WS000161_20121118211147.jpg
トランクです。
WS000164_20121118211146.jpg
内装です。 それなりの出来です。
WS000168_20121118211518.jpg
WS000173_20121118211517.jpg
WS000177_20121118211516.jpg
WS000182_20121118211516.jpg
ライトは全て付きます。
WS000233_20121118211856.jpg
最後に。
WS000197_20121118211856.jpg
WS000205_20121118211855.jpg
WS000211_20121118211855.jpg
Marlboro
WS000220_20121118211854.jpg
WS000228_20121118211854.jpg

DL
https://rapidshare.com/#!download|17p4|1393306442|Lancia%20Fulvia%20Rally.rar|3321|0|0


Lancia Fulvia Rally。

ランチア・フルヴィア (Lancia Fulvia)は、イタリアの自動車メーカー・ランチアが1963年から76年まで製造・販売した小型乗用車である。1600HFモデルのラリーでの活躍で知られ、1972年にはWRCチャンピオンカーとなった。フィアットの傘下に入る前に設計された最後の純粋なランチアであり、その伝統に恥じない高度なメカニズム、上質な工作水準、上品なスタイルを持っていた。
monte_72_fulvia_.jpg
image6.jpg

 

Lancia Delta HF Integrale

今回紹介するMODはLancia Delta HF Integraleです。
WS000075_20121110220159.jpg
WS000080_20121110220159.jpg
WS000084_20121110220158.jpg
WS000089_20121110220158.jpg
エンジンです。
WS000093_20121110220157.jpg
トランクです。
WS000098_20121110220157.jpg
内装です。 それなりです。
WS000104_20121110220510.jpg
WS000108_20121110220509.jpg
WS000113_20121110220509.jpg
WS000116_20121110220508.jpg
ライトは全て付きます。
WS000069_20121110220508.jpg
テクスチャです。
WS000290_20121111212904.jpg
WS000293.jpg
WS000296_20121111212903.jpg
WS000300_20121111212902.jpg
最後に。
WS000052_20121110220753.jpg
WS000031_20121110220754.jpg
WS000068_20121110220753.jpg
WS000017_20121110220754.jpg
WS000047_20121110220755.jpg

DL
http://www.gtainside.com/en/download.php?do=download&id=44003

 

Lancia Delta S4 Group B

今回紹介MODはLancia Delta S4 Group Bです。

Lancia Official Team - Martini。
WS000288_20130206003849.jpg
WS000295_20130206003849.jpg
WS000304_20130206003849.jpg
WS000308_20130206003848.jpg
エンジンです。
WS000315_20130206003848.jpg
ボンネット。 毎度お馴染みのスペアタイヤ。
WS000322_20130206003848.jpg
内装です。 それなりの出来です。
WS000326_20130206004214.jpg
WS000339.jpg
WS000331_20130206004213.jpg
WS000345_20130206004212.jpg
WS000355_20130206004211.jpg
残りのテクスチャ。
Colombi - Marlboro
Colombi - Marlboro
Grifone - Esso
Grifone - Esso
Jolly Club - Totip
Jolly Club - Totip
最後に。
WS000252_20130206004803.jpg
WS000273_20130206004803.jpg
WS000260_20130206004803.jpg
WS000229_20130206004802.jpg

DL
http://www.gtainside.com/en/download.php?do=download&id=42867


Lancia Delta S4 Group B。
この車はグループBが生み出したモンスターマシンです。
車両重量が890kg,ドライバーの安全よりマシンのパワーを追求する実に素晴らしいとんでもマシンです。
lanciadeltas4588202.jpg

グループBは改造規制が甘く,それゆえとてもスリリングな展開が楽しめましたが,死亡事故が相次ぐなどして,
1986年シーズンでグループBは終わってしまいます。
軽く大型空力パーツを装着した車体と強力なエンジンの組み合わせというコンセプト、見る者を圧倒する走りから、「公道を走るF1」と形容された そうです。

 

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

BX

Author:BX
GTASA COLLECTORS MODへとうこそ^^
リンクフリーです。

掲載している画像や文章で不都合がありましたら
お手数ですがご連絡ください。

DLリンクが切れてる… ということがありましたら
コメントにて報告してくれるとありがたいです

コメントはお気軽に。

画像をクリックするとより鮮明に御覧頂けます。

Windows 7 Home Premium 64 bit SP1
Core i7 3770 CPU @3.40GHz
SSD 230GB
HD 2TB
Memory 16GB
GeForce GTX660 1536MB GDDR5

fact_future_cat@yahoo.co.jp

カテゴリー
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。