FC2ブログ

GTASA COLLECTORS MOD

Windows 7をかえして…

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mazda 787B

今回紹介するMODはMazda 787Bです。

優勝した55号車のMODです。
enb-2014_10_28-14_59_40_20_20141028151249ada.jpg
enb-2014_10_28-14_59_51_63.jpg
enb-2014_10_28-15_00_05_41.jpg
enb-2014_10_28-15_00_17_62.jpg
内装は潔く切り捨ててあるMODです 笑
その分軽いです
最後に。
enb-2014_10_28-14_43_30_02.jpg
enb-2014_10_28-14_42_26_60.jpg
enb-2014_10_28-14_45_10_04.jpg
enb-2014_10_28-14_56_13_19.jpg

Author: HERO

DL
http://ux.getuploader.com/Mystery/download/28/787B.zip

マツダ・787、787Bは、マツダが製作したプロトタイプレーシングカー。ル・マン24時間レースへの参戦のため、787はIMSA-GTP規定、787BはグループC・カテゴリー2規定に則って製作されている。
155039798_624.jpg
787Bは、787のストレートスピード重視から、コーナリングスピード重視へとマシンのコンセプトを転換し、約200項目に関する改善を施した。その中には、トレッドの拡張(メカニカルグリップ向上)、リアカウル形状変更、カーボンローターディスクブレーキの採用、タイヤ径の18in化、リアシャシにエンジンロアストラットを追加、サスペンションアームの形状変更、駆動系の補強、冷却性能の強化、ワイヤーハーネス配置の最適化、光学式車高センサの搭載等が含まれている。[1]。その結果、ベンチレーション、居住性、ハンドリング特性が向上し、ドライバーの負担軽減が可能となった。
2台(787B-001/18号車と787B-002/55号車)が製造されたのちに、ルマン優勝車を保存することになり、その穴を埋めるべく1台(787B-003/202号車)が追加製造された。
img_0.jpg

R26Bサウンドがほじぃぃぃぃぃぃ という方はこちらより(動画説明にURLがあります)


こちらの動画は2011年にル・マンで55号車が走ったときのもの


もうひとつ787BのMODがあるのですが
1407740642_gallery8.jpg
DL
http://www.gamemodding.net/en/gta-san-andreas/gta-sa-cars/46721-mazda-787b.html

これは一体何の仕様なのでしょうか
WS000399_201410262327512f4.jpg
少なくとも91年以前では・・・ない・・・?
スポンサーサイト

Comments


Body

« »

03 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

BX

Author:BX
GTASA COLLECTORS MODへとうこそ^^
リンクフリーです。

掲載している画像や文章で不都合がありましたら
お手数ですがご連絡ください。

DLリンクが切れてる… ということがありましたら
コメントにて報告してくれるとありがたいです

コメントはお気軽に。

画像をクリックするとより鮮明に御覧頂けます。

2018年9月まで
Windows 7 Home Premium 64 bit SP1
Core i7 3770 CPU @3.40GHz
SSD 230GB
HD 2TB
Memory 16GB
GeForce GTX660 1536MB GDDR5


2018年9月下旬より
GALLERIA XV
Windows 10 Home
Intel Core i7-8700 @3.40GHz
SSD 1TB
HD 3TB
Memory 16GB DDR4-2400 DDR4 SDRAM
GeForce GTX1070ti 8192MB
電源:600W

fact_future_cat@yahoo.co.jp

カテゴリー
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。