FC2ブログ

GTASA COLLECTORS MOD

Windows8.1万歳

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mitsubishi Lancer Evolution IX Tunable

今回紹介するMODはMitsubishi Lancer Evolution IX Tunableです。

ウイングを付けて撮影しています。
enb-2014_10_28-15_00_17_62_20141031160927254.jpg
enb-2014_10_31-15_22_08_90.jpg
enb-2014_10_31-15_22_19_02.jpg
enb-2014_10_31-15_22_26_81.jpg
エンジンです。 IXは4G63にMIVECが搭載されます 4G63の最終進化形態・・・!
enb-2014_10_31-15_22_54_96.jpg
トランクです。
enb-2014_10_31-15_22_37_05.jpg
内装です。
enb-2014_10_31-15_23_32_23.jpg
enb-2014_10_31-15_23_34_84.jpg
enb-2014_10_31-15_23_37_69.jpg
enb-2014_10_31-15_23_43_07.jpg
テクスチャです。
enb-2014_10_31-15_24_42_35.jpg
enb-2014_10_31-15_24_45_30.jpg
enb-2014_10_31-15_24_49_59.jpg
御なじみアドバンカラー
enb-2014_10_31-15_24_54_50.jpg
改造パーツ。
シートとマフラーが変わります。
enb-2014_10_31-15_25_01_65.jpg
enb-2014_10_31-15_25_04_54.jpg
バンパー
enb-2014_10_31-15_26_00_50.jpg
enb-2014_10_31-15_26_13_19.jpg
リアバンパー
enb-2014_10_31-15_26_19_27.jpg
enb-2014_10_31-15_26_21_73.jpg
メーターと
enb-2014_10_31-15_26_26_26.jpg
トリカゴが追加されます。
enb-2014_10_31-15_26_29_34.jpg
ウイング。
enb-2014_10_31-15_26_34_05.jpg
enb-2014_10_31-15_26_36_36.jpg
サイドスカート。
enb-2014_10_31-15_26_41_27.jpg
enb-2014_10_31-15_26_43_96.jpg
最後に。
このMODは純正オプションのBBSですね デフォはエンケイだったかな
enb-2014_10_31-15_31_54_34.jpg
enb-2014_10_31-15_28_21_18.jpg
enb-2014_10_31-15_37_18_44.jpg
enb-2014_10_31-15_44_37_78.jpg



Author:alexey

DL
http://www.gamemodding.net/en/gta-san-andreas/gta-sa-cars/9806-mitsubishi-lancer-evolution-ix-tunable.html

ランエボに搭載されるエンジンとして初の連続可変バルブタイミング機構MIVECを採用、最大トルク(GSR:40.8kg-m、RS/GT:41.5kg-m)発生回転数がエボVIII MRの3,500rpmから3,000rpmに下がり、また今回からターボのコンプレッサーハウジングを変更、コンプレッサーホイールにマグネシウム合金を(GSRではオプションとして)採用し、従来のアルミニウム合金よりもレスポンス向上を図った。その結果、低回転域のトルクアップおよびトルクバンド幅の増大と高回転域でのレスポンスが向上した。
しかし、マグネシウムコンプレッサー仕様は、過給圧を上昇させるとコンプレッサーブレードが割れやすいことが報告されている。GSR用などのアルミニウムコンプレッサー仕様に交換する事により解消が可能であるが、高額な部品であるためユーザーの負担は大きい。2005年12月以降生産分については対策品がつけられており、部品番号の末尾が0から1に変更されている。
本モデルから、GSRとRSの中間グレードとしてGTがラインナップに加えられた。GTはリアデフにRSの機械式1.5WAY、5速MT、リア薄板ガラス、マグネシウム合金ターボを標準装備し、その他のボディーカラーの選択、オートエアコン・キーレスエントリーなどの快適装備、ビルシュタイン社製ダンパー(レスオプション可)、ブレンボ社製ブレーキなどの足回りなどはGSRと同じである。車両本体価格はGSRより抑えられており、車重もGSRより約20kg軽い。なお、本モデルからは、グレードに関係なくスペアタイヤを載せず、パンク修理キットでの対応に変更され、更なる軽量化が図られている。
その他、エボVIII MRから基本コンポーネンツ(スーパーAYC(RSおよびGTでは機械式LSDだが、RSはオプションで選択可能)、ACD、ビルシュタイン社製ダンパー採用、ルーフやドア内部のサイドインパクトバーをアルミ化、ルーフのアルミ化など)は変わらないものの、不評を受け、VIIIで採用されていた先述のブーレイ顔が廃止され、スーパー耐久仕様のフロントバンパーに近似したデザインのものとなった。またリアバンパー中央部にディフューザーを装備し空力を向上させ、リアの車高を5mm落し接地性向上を図った(これはGSRのみで、GT及びRSの車高変更はなされていない)。
01_l.jpg
127345.jpg

最後に 製作者? の動画
スポンサーサイト

Comments


Body

« »

07 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

BX

Author:BX
GTASA COLLECTORS MODへとうこそ^^
リンクフリーです。

掲載している画像や文章で不都合がありましたら
お手数ですがご連絡ください。

DLリンクが切れてる… ということがありましたら
コメントにて報告してくれるとありがたいです

コメントはお気軽に。

画像をクリックするとより鮮明に御覧頂けます。

2018年9月まで
Windows 7 Home Premium 64 bit SP1
Core i7 3770 CPU @3.40GHz
SSD 230GB
HD 2TB
Memory 16GB
GeForce GTX660 1536MB GDDR5


2018年9月下旬より
GALLERIA XV
Windows 10 pro/Windows 8.1 home デュアルブート
Intel Core i7-8700 @3.40GHz
SSD 1TB
HD 3TB
Memory 16GB DDR4-2400 DDR4 SDRAM
GeForce GTX1070ti 8192MB
電源:600W

fact_future_cat@yahoo.co.jp

カテゴリー
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。