FC2ブログ

GTASA COLLECTORS MOD

Windows 7をかえして…

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nissan 300ZX

今回紹介するMODはNissan 300ZXです。

enb-2014_12_10-21_21_12_45.jpg
enb-2014_12_10-21_21_25_26.jpg
enb-2014_12_10-21_21_35_21.jpg
enb-2014_12_10-21_21_42_98.jpg
エンジンです。3.0L V6 VG30DETT型
enb-2014_12_10-21_22_06_12.jpg
トランクです。
enb-2014_12_10-21_21_52_95.jpg
テクスチャです。
enb-2014_12_10-21_22_20_90.jpg
enb-2014_12_10-21_22_22_39.jpg
enb-2014_12_10-21_22_24_05.jpg
enb-2014_12_10-21_22_26_04.jpg
改造パーツです。
マフラーです。
enb-2014_12_10-21_22_37_38.jpg
enb-2014_12_10-21_22_40_24.jpg
バンパーです。
enb-2014_12_10-21_22_44_67.jpg
enb-2014_12_10-21_22_46_93.jpg
リアバンパーです。
enb-2014_12_10-21_22_50_95.jpg
enb-2014_12_10-21_22_53_27.jpg
ルーフです。
enb-2014_12_10-21_22_56_74.jpg
enb-2014_12_10-21_22_59_42.jpg
ウイング。
enb-2014_12_10-21_23_06_81.jpg
サイドステップ。
enb-2014_12_10-21_23_19_81.jpg
enb-2014_12_10-21_23_22_15.jpg
最後に。
enb-2014_12_10-21_34_56_53.jpg
enb-2014_12_10-21_36_49_83.jpg
enb-2014_12_10-21_38_49_07.jpg
enb-2014_12_10-21_38_25_20.jpg

Author:?

DL
http://www.gtavicecity.ru/gta-san-andreas/cars/11169-nissan-300zx.html

4代目 Z32型系
スタイル、パフォーマンスを始めとして、完璧なスーパースポーツカーを目指した4代目が登場。キャッチコピーは『スポーツカーに乗ろうと思う』。バブル景気の絶頂期と崩壊、その後の日産の経営悪化のため10年以上という長期に渡り生産されたモデルである。
エクステリアデザインは当時日産自動車デザイン部に所属していた前澤義雄・園勲夫・山下敏男等数名の手によるものである。イメージは獲物を狙う動物であり、静止した状態でも躍動感のあるフォルムを追求した。そして当時のデザインのトレンドを考慮し、従来からの特徴であるロングノーズ・ショートデッキを改め、新たにワイド&ローというスポーツカーの基本的イメージを決定し、日本本来の良さを持ったアイデンティティーや、いつまでも沈まないカリフォルニアの太陽に映えるボディデザインを検討したという[2]。また、前澤によれば、マイナーチェンジの際に前後オーバーフェンダーにし、ホイールを17インチ化する計画があったものの実現しなかったと語っている[3]。
ワイド&ローの迫力のあるボディの設計にはCADが多用され、これによりV型6気筒DOHCの全高が高い設計のエンジンを、初代のような盛り上がりなしで低いボンネットに収めたが、その結果エンジンルームが狭く整備性が大変悪いという欠点を作ってしまった(特にタービン交換はエンジンを降ろさなければならない)。この反省もあってか、次代以降についてはボンネットが高くデザインされ、従来のデザインアイディンティティを一部放棄した。
ヘッドライトは3代目のパラレルライジングタイプから、再び固定式ヘッドライトに戻された。ヘッドライトレンズの形状は当時の技術では、反射角度の問題などで実現が困難であったが、リフレクターの設計やプロジェクターランプの採用でこの問題を解決している。ボディの一部を削ったかのようにしてライトを搭載するというデザインを踏襲しているが、透明なガラスレンズによってボディは平坦を保っている。このライトは後年そのデザインの良さからランボルギーニ・ディアブロやR390(ロードカー)にも流用された。
sp01_38.jpg
ボディサイズは先代からの5ナンバーから3ナンバーに変更された。2シーターおよび2by2と2つのシャシー、ボディがあり、それぞれホイールベースも異なるためシャシー別に設計、製造されているのがフェアレディZの特徴だが、Z32型は2シーターと2by2の外観上の違いは燃料給油口の位置が2シーターはドアとリヤタイヤハウスの間で2by2はリヤタイヤハウスの後ろに位置していることから容易に判別できるモデルである。ルーフには2代目(S130型)から続くTバールーフも一部モデルに引き継がれた。なお、2by2はTバールーフが標準装備になっており、ノーマルルーフは設定されていない。
イグニッションキーの材質はチタン、車載ジャッキはアルミニウム製、スペースセーバー式スペアタイヤのホイールもアルミニウム製である。
メカニズム面においては同時期に発表されたスカイライン(R32型)と同じく電子制御式4WSであるSuper HICASがツインターボモデルに装備され、より理想的なコントロール性能を目指した。
搭載される2種類のエンジンはV6、3.0Lが採用されている。先代の300ZRで採用された自然吸気のVG30DE型[4](230ps)とMID4-IIに搭載されていた新開発・ツインターボチャージャー搭載のVG30DETT型をデチューンした物が用意され、中でもVG30DETT型が搭載されたツインターボモデルは国内で初めて最大出力280PSに達した。当初は日産としては同時期のスカイラインGT-RやインフィニティQ45とともに300PSを出し、300PSトリオとして発売する目論見であったが、運輸省からの指導により3車種とも280PSに抑えたという経緯がある。日本の各自動車メーカーが実施していた自主規制値の280PSはここから生まれた。なお輸出仕様については300PSである。また、VQ30DEに載せ換える計画が持ち上がったものの、エンジン換装にはモデルチェンジに近い仕様変更が必要だったため見送られている。
753_z32Untitled-1.jpg
スポンサーサイト

Comments


Body

« »

03 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

BX

Author:BX
GTASA COLLECTORS MODへとうこそ^^
リンクフリーです。

掲載している画像や文章で不都合がありましたら
お手数ですがご連絡ください。

DLリンクが切れてる… ということがありましたら
コメントにて報告してくれるとありがたいです

コメントはお気軽に。

画像をクリックするとより鮮明に御覧頂けます。

2018年9月まで
Windows 7 Home Premium 64 bit SP1
Core i7 3770 CPU @3.40GHz
SSD 230GB
HD 2TB
Memory 16GB
GeForce GTX660 1536MB GDDR5


2018年9月下旬より
GALLERIA XV
Windows 10 Home
Intel Core i7-8700 @3.40GHz
SSD 1TB
HD 3TB
Memory 16GB DDR4-2400 DDR4 SDRAM
GeForce GTX1070ti 8192MB
電源:600W

fact_future_cat@yahoo.co.jp

カテゴリー
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。